「荷物が少ないね!」と驚かれることがしばしば。

旅支度の収納法。「プロ直伝」たたみ方図解を参考にどうぞ

2週間の北欧滞在でも最大14キロ。夏場は10キロで機内持ち込み手荷物の扱いもOKなくらい軽量。

型くずれをまねきたくない靴やバッグ、水着などは、形がしっかりとしたボックスに入れて収めます。そうでないときには、使い古したスポーツソックスに靴をIN。

衣類は洗濯ネット、チャック袋、ナイロン袋などを使って種類別にまとめます。シワを目立たせたくないストールやワンピースなどは、ラップの芯に巻き付ければOK

衣類はコーディネートを考えて、シンプルでベーシックなアイテムを中心に計画します。

北欧の場合は夏でもヒートテック、パーカー、ダウンベストを持って行くのでユニクロのお世話になりっぱなし。

旅支度の収納法。「プロ直伝」たたみ方図解を参考にどうぞ

帰りは必ずと言っていいくらい荷物が増えます。なぜなら、現地でしか手に入らない書籍や資料をはじめ、食器を買うことも。軽く5キロくらいは増量になります。それでも総重量20キロ。

整理収納のスキルを活かせば旅がさらに楽しくなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です